• Harumi

それは何を守るためなのだろう。。

気づけば沢山の秘密が

増えてしまったように思う



突然の豪雨のような

どこに隠れるか分からず

ただ走り出すような。



誰の何を守るための

ものだろうか?



言えない事が増えて

その重みに苦しくなる。



陽炎のように揺れる世界に

自分のことば達が

辿りつきたいところまで

辿りつけず



随分と不完全燃焼のまま

来たんだなぁ



いつしか

言わない自分に

馴染んでしまった。



まだ、熱を持った言葉達が

外に出たくてウズウズしては

心をいそがせる。



それは何を守るためなのだろう。。


  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Art of Lifeインタビュー