• Harumi

書くとは考えること

断捨離は、生活品だけではない。


どうにかしたいと思っていたブログの、「投稿」の整理も始めた。


私が「アメブロ」を始めたのは2009年。当時「コーチング」を学んでおり、仲間と勉強会を開いているときに、ブログで発信するのがいいと聞いたことからだった。


最初の投稿は覚えている。内容はスラッと書けたものの、「公開」ボタンを押すことにドキドキしてしばらく押せなかった。


ブログ記事の断捨離といっても削除してしまうのではなく、あの頃主流だったのはPCだったのが、いまでは携帯電話で読まれることもあるので、少し整えた。



読み返してみると、何を言いたかったのか、なんてことを書いているのか、我ながら恥ずかしく&悲しくなることもあれば、当時を思い出しほっこりしたり。


いまでも力強く響いてくることや予言めいたこと、今こそ大事なことだなという発見もあった。それらを全てを含めて、その時、その思いで書いたことは大事にしたい。


たとえ言葉足らずでも、多少間違った認識でも、語彙と国語力が乏しくとも。それはそれで、あの時の私であり。一生懸命に感じていた私なのだから。




書くとは考えること。


書くとは、自分を発見することであり、自信をつけることであり、確信していくこと。私にとって書くとは「対話そのもの」。


実際に言葉として発話することのなかった私の中に眠っている想い。私が感じているものであり、私が観ているものであり、私の願いでもある。


世界観そのものなのだと思う。


それがどう変化していくのか、この先も楽しみ。





ブログ、オススメです!


9回の閲覧