• Harumi

本当の癒しが起きるとき

最終更新: 2018年12月16日

自分を癒す。どんな方法を取っていますか?体の癒しであれば、マッサージなどわたしも好きなので、時々行きます。でも、心の癒しはどうですか?


いろいろやりました。自然の中に行ってみたり、のんびりと旅行したり、癒しの講座を受けるというのもありました。でもこれらは、一時忘れるというもので、私にとって、本当の意味での癒しだなと感じたのは「魔法の質問」に出会ってからです。


心の癒しってなぜ必要なのだろうね?

どこか考え方に疲れているってことですよね。その理由がなんであれ、悲しくなったり、イライラしたり、不満になったり、その感情に自分が疲れると感じることじゃないでしょうか。


なぜその感情が湧いて来るか?

激動する社会の中で、こうあるべきという考えが、自ら、そして互いを苦しめているのかなと感じています。どこか報われない気持ちをそのままにきて、その感情を引き出すきっかけになるものに出会うとき心のセンサーが反応して、イライラと怒りが湧いて来る。

それは引き金となった、そのひと、もの、ことが悪いのではなく、そういう感情を作る、自分の固定概念があるからですよね。


そして、この固定概念がある以上、どんなに環境を変えても、出来事が変わっても、怒りが湧いて来るんですよね。


本当は、固定概念に気づかせてくれた出来事は、有り難い天使たちなんですね。


まずは、自分にどんな固定概念があるかって、気づくことが大事なんだなと感じます。その出来事を通して、感じたことを俯瞰してみる。自分の考えの他に、どんな解釈があるかをみてみる。普段から、色々な人の考えに触れるってのも大事ですね。これらのプロセスの中で

自分にあった固定概念が、小さくなっていくのだと思います。


わたしがなぜ「しつもん」に出会って、そう思ったかというと、しつもんマインドには

*ジャッジしない *100%自分に責任がある *信じる *楽しむ (魔法の質問キッズインストラクター養成講座より)など、しつもんマインド、わたしは生きる教えだと思っていますが、素晴らしい考え方があります。何かある度に、ひとつひとつこれらを意識し、そしてしつもんしてみて、自分の固定概念に気づく事がとても多かったんですね。


正直、嫌なことが起きて、「100%自分に責任がある」なんて考えられなかったです。状況に責任転換している方が、いいですものね(笑)でも、ひとつひとつ、ひとつひとつなんですけど、もし、自分に責任があったとしたら、どう見える?、考える?と自問することで

解釈が変わっていきました。


良きしつもんをすることで、新しい視点にも気づきやすくなりました。だから、イライラや不満が激減したんです。同じ出来事でも、怒らないひとっていますよね。例えば、お店のサービスが悪い!とカチンとくる人と、なんだかのんびり構えているひと。以前は、「性格の違い」と大きく言っていましたが、ものの見方、解釈が違うんですよね。


もし、その良きものの見方を取り入れられたら、きっと、怒らなくなっていくんだと思うのです。そして、色々な考え方を取り入れていくことで、心の癒しが起きる。それは、負の感情を引き出していた過去の出来事にも、「癒し」が起きるんだと思うのです。



自分を開放することが、本当の意味での「癒し」なんだと思います。癒しもまた外側からでなくて、内側から。誰かにされるのではなく、自分からじゃなきゃ起きないのですね。そして、ひとりひとりの固定概念が消えていくとき、ガイア(地球)が、癒しの楽園になるんだと、わたしはちょっぴり真剣に思っているのです。

 

まずは、自分から。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Art of Lifeインタビュー