• Harumi

絵を観る先に観ているもの

世界最大の個人収集家というへレーネ・クレラー=ミュラーが魅了した画家のフィンセント・ファン・ゴッホの絵。そのへレーネのコレクションのゴッホ展に行ってきた。


平日だというのにかなりの人出だったのは、ゴッホ展(東京都美術館)だからか。


鑑賞とは本当に様々で、一つの絵の前でしばらく動かない人やキャプションから観る人。むしろそちらにじっくり時間をかける人など。それにしても不思議に思うのは、なぜ、多くの人たちが(日本では)あんなもに絵に近づいて観るのだろうか?


筆のタッチとか絵の具の、そういったものを観るのだろうか。


私は、テクニカルなこともそうだが、絵の名前すらわからない覚えられないのだが、それでも観たいと思うのだから、本当に様々である。


そもそも我々の「絵を観る」ということは、どういったことなのだろう。



今回、ゴッホ展での作品の素晴らしさは勿論でしたが、私が一番心を動かされたのは収集家ヘレーネ。


ご存知の通りゴッホは生前は画家としては成功しなかったのだが、それは収集家へレーネとしても同じだったという。


コレクションする上で大切にしたというのは、儲けでも無く、また、自分たちが観て楽しむより、未来の人たちがみてもインスパイアされるものだそうな。


絵を観る先に観ているもの。


へレーネが、誰からも評価も無く、既に亡くなっているゴッホの絵に対し、未来の人のインスピレーションだと感じたことに強く痺れるのです。


どのような生き方をしていた方なのか、とても興味が湧きました。きっと、自分や世間の固定概念、価値観を飛び越えた感性を持っている方なんだろうと思う。


彼女のお陰で私たちが今、こうしてゴッホのインスピレーションを感じることができる。まさに「インスピレーションの循環」。今度は我々の番ですね。


絵を観る先のインスピレーション、未来へ。





67回の閲覧