• Harumi

Allow your power through you.

隣町にあるとあるお寺様で、「大般若転読」が開かれるということでことで行って来ました。このお寺様は時々散歩がてら寄ることがあるのですが、小さなお庭も素敵です。


さて、この大般若転読というのは、なんでも1300年程前に中国の三蔵法師玄奘が天竺から持ち帰った経典の600巻を、短時間に読み上げるという法会


十二の僧侶たちが、一斉に一巻ずつジャバラ折りになっている経典を頭上から開いて、パラパラと手に落とす。その時、「清らかな『般若の風』が起きる」とされているそうな。


有難いことに、その風を(経典600巻分)たっぷりと感じてきました。


来年以降、風の時代が本格すると言われているその一歩手前の11月1日。この11とはゲートのシンボルと言いますから、このゲートを開けた先で「般若の風」を感じさせて頂いたことは本当に嬉しい。



Allow your power through you.

最近感じているのは、何か物事を止めてしまうのは、結局他でもない自分自身なのだと。皆さんは如何かしら?


良きお知らせや有難いサポート、嬉しいお話など。そうした機会は至る所からやってくる。いや、もしかすると最初はそれ自体に何の魅力が感じられなかったり、寧ろ面倒だなと感じることかもしれない。


けれど、それをすることが自分の新しい可能性や道を指し示してくれたり、何よりも自分に新しい力を湧き起こす機会になるというのに。何処かで慣れしんだパターンが呼ぶ。


やめておこうかな....と。


価値観の変容とは、新しい情報や価値を取り入れることだけではなくて、自分の考え方を一新していくことでもある。それはそれは、まるで新鮮な風を自分の力を通していく。そんな感じだと思うのです。


そう、ゲートを開いて、風を自分に通していく。

11月だけに、うん、その風を感じていこう。


8回の閲覧