• Harumi

そこにはどんな「真実」があるのだろう?

どこから誰から情報(知識)を得るかによって、考え方も行動も変わってきてしまう。



想定外や多くの人が経験したことがないものに出会うときは、ざっくりとその専門家と呼ばれる人よりも、ひろーく広く情報を集めることができる人、時には変わった経験や視点を持っている、自分とは逆の人たちとも見解を交わしている人からの方が、より多角的に、何より最新の情報を持ち合わせていて信憑性があるかもしれない。



情報格差の現実を知り危機さえ感じて思うのは、普段から如何にいろいろな視点でに出会うかということが、これからを生きていくなかでも必須なのではないかと思う。

ますます人は「真実」に向かっていくね。



ホロスコープの世界では、2021年から本格的に始まるという「水瓶座の時代」に向けて、いまこれまでの古い体制や歪んだ権力があぶり出されて、水瓶座の新しい価値観、もっと魂からの意識、より真実で人と繋がっていく(もっとありますが)などと言われているそうな。こんなことにもリンクするなーと思うのです。



自分本来というか魂の部分で表現していく人が増えていく!これまで以上にスピーディーに真実を求める人が増えていくのは流れでもあるよね。



だからいま、この混乱の中でもふっと立ち止って、耳に十の目を持って心「聴く」のが大事なんだなと思う。




そこにどんな真実があるのだろうか?






そこにすーっと心を傾けるとき、愛が残っていること祈って。

VIVA


  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Art of Lifeインタビュー