• Harumi

An Emotional Event

私はこのことを知ってから、心との向きあいが楽になった。


悲しみ、怒りが湧いたとき、思い出す。


An Emotional Event

エリザベス・キューブラー=ロス(医師・作家)の死の受容の5段階プロセスを読んで知ったのは、普段の生活の中でも、何か想定外が起きたとき、突然起きた時に心の中ではこんな動きがあるということ。



否定(まさか?!)

怒り(何で?、どうして?)

取引(ちょっとどうにかしてよ!)

抑うつ(どうしたらいいの・・・)

受容(最終的に受け入れていく)



とても急いでいて乗らないとならない電車の時刻が迫っていて、階段を駆け上がってホームを走り(やってはいけないけどね)電車に乗ろうとしたら、ドアがバタン!としまった時でも、私たちの心の中でも同じような心が動いています。



長い間、キューブラー=ロスの本は読みたいと思っていても、どこか向き合うことに躊躇があった。それからまもなくして、突然の父の末期ガンの宣告。



悲しほどこの心の動きを自分にも勿論、父に対しても、家族に対しても感じることがあった。当時は抱えきれないほど辛かったし、こんな風に客観的になんてなれなかったけど、それでも思ったのは、心は少しづつ動いていくということ。



もちろん、それはこんなに綺麗にトントンと流れていく訳ではなく、一瞬の時もあれば、人生丸ごとゆっくりとということもあるかもしれない。どこかでつまづいたまま先に進んでないこともあるだろうし、逆に戻ることもあるだろうし、ましてや人と比べたり、前と比べたりできるものでは全くないもの。




それでも心は動いている。きっと心が自然に癒していくのだと思う。



ゆっくりとゆっくりと。



ただ、その時々の心に寄り添う。

VIVA













  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Art of Lifeインタビュー