• Harumi

そこにどんな循環があるのか?

そう問いかけていたいね!



何か作る時、やる時

それを自分という小さな器を超えていくために。