• Harumi

あなただから伝えられること。


小学校3、4年生くらいだったかな。



よく学校から帰ると近所の家に

遊びに行っていたのです。



中学生と高校生のお姉ちゃんたちがいて

さらに、大学生のお兄ちゃんがいて

よく遊んでくれていた。




分数の掛け算を勉強をし始めた私に

そのお兄ちゃんが宿題をみてくれた。



お兄ちゃんは、 XとYやらと買い出して

ほら、方程式で解けばすぐだよと行った。



「お兄ちゃん、私まだそれ習ってないの」



え?と驚いた顔でお兄ちゃんは

分数としばらくにらめっこして



「う〜ん、でもこっちの方が早いよ」と。




こんなエピソードからね。

専門である必要がないことってあるんだよね。



小五の人だったら、きっとわかりやすく

私に分数の掛け算を教えることが出来たかもしれない。

答えだけではなくて、どこから先に数字を見るかとかね。





きっとあるんだよー



あなただから、伝えられること。

あなただから、聞きたいこと。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Art of Lifeインタビュー